広告法規

広告は、各種の業界において実務上極めて重要な役割を果たしていますが、多種多様な法令・ガイドライン・自主規制等にまたがる法律問題が生じうる上、消費者庁の誕生など近年は時々刻々と状況も変わっているため、実務上の感覚と専門的な知見の双方を合わせることが望まれます。

代表弁護士は、共著者として『広告表示規制法』を執筆し(執筆分担した内容はこちら)、あるいは顧問担当先に対して特商法、不正競争防止法、商標法、広告コンプライアンス等について助言する等の経験を有しています。

▲このページのトップに戻る